季節による相場|バイクの事故車を専門に買取を行っている業者|お得処分術を活用
女の人

バイクの事故車を専門に買取を行っている業者|お得処分術を活用

季節による相場

電卓

自動車の査定と季節による相場について

自動車を売る際の査定というのは、車種や年式などで大きく異なるため細かい事は言いにくい上に、時期によって平均的な相場というのも変わっていきます。査定額が上がる時期というのは基本的に中古自動車が売れる時期と重なり、冬の終わりから春先と冬のボーナスの時期の二つになります。冬のボーナスの時期に査定額が上がるのはボーナスで購入を考える人が増えるため同時に需要が増えるためであり、春先から春は新生活になる為車の購入を考える人が増えるという理由からです。ただしこれはあくまでも概ねの目安であって、自営業者が多い地域などでは確定申告に合わせての売買が盛んになりそれと同時に査定額があがりますし大きな企業がある地域ではその企業内部での移動や転勤の季節に合わせて査定額が変動する事もあります。

相場全体の傾向について

自動車の査定額というのは、中古自動車の需要が増えれば増えるほど高額になり逆に減るほど安くなる傾向があります。それでは中古自動車の相場というのはどのように動くのかという話になるのですが、これは様々な要因が絡まって一言では言えません。例えば景気が向上すると新車の販売率が増えて中古車の需要が減る傾向にありますし、日本が不景気でも新興諸国のバブル景気になどがあると中古自動車がそちらに流れていくので全体的な査定額が上がる事もあります。また、現在では流通ネットワークが向上しているので、大きな違いというのはあまりないのですが地域によっても車の需要というのは大きく異なりますし、店でも主な客層が異なって来るなどそれらの要因が絡まりあって全体的な相場を作っています。